この頃、中途採用の数が増しています。かつては当たり前だった終身雇用の制度も、段々すたれてきています。この頃は、若い人でも退職前でも、転職活動に着手することは珍しくなくなっています。実際には転職を断念するケースも多いといわれています。転職活動を有利に進められる転職サービスもあります。一般的に転職を考える年齢は30代後半で考える割合が多いといいます。ですが、希望通りに仕事を変えたという人は、転職を考えた人の30%程度であるといわれています。男女別で見た場合、30代後半で転職した人は男性より女性が多い傾向があります。女性の方が、転職に関してはフットワークが軽いようです。転職のタイミングとは、年齢とどのような関わりがあるのでしょう。家族のために環境を整えたいという考えがあるようです。現在の職場での安定を優先させることで、転職を実際には行なわないケースが多いと予想されます。反対に女性の場合は、キャリアのある人は特に年齢を武器にして転職希望の企業へアピールをすることで転職に成功している例が多くあるようです。転職の動機は人によって異なります。職場での人付き合いに問題があったという人は、待遇が多少下がっても転職をするという選択肢を選ぶ人も少なくありません。現在の中途採用においては、年齢に関係なくキャリアや人間性を重視する中途採用を進めている企業が増えている傾向にあるようです。